ホーム  > 経営コラム  > 経営人材、第一に必要な能力

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


経営人材、第一に必要な能力

CEO.jpg

なされるべきことを考えることが成功の秘訣である。
何をしたいかではないことに留意してほしい。
これを考えないならば、いかに有能であろうと成果をあげることはできない。
ピーター・ドラッカー

責任感によって見つけ出せるもの

 

経営人材903.jpg
なされるべきこと?

「なされるべきこと」を考える。
ドラッカーの本を読むと「なされるべきこと」という
聞き慣れない言葉が出てきます。
何年か前、こんな質問を受けました。

 

「なされるべきことって、自分が誰かに何をされるかを
覚悟するってことですか。いさぎよく受け身になれ
ということでしょうか。」まったく違います(笑)。
「なされるべきこと」についてお伝えします。

 

ある大学から引き抜かれて学長を引き受けた人がいました。
学長に就任し、学内の実情を知ると、その大学は瀕死の状態でした。
彼は半泣きで、ドラッカーにところに相談に行きこう言いました。

 

「学長に就任したものの大学は財政難で、
あと何年かで潰れてしまいます。」
ドラッカーは彼にこう言いました。
「資金集めをできるのはどの大学でも学長だけですよ。」
その後、その学長は、学内のことを任せられ人間を見つけて、
自分は資金集めに奔走しました。
学長は大きな成果をあげ、その大学は救われました。

 

それを見出せる力

やりたいことでもない。頼まれたことでもない。
しかし、その学長にとって、
最もやるべきことが資金集めでした。
やりたいことでもないし、頼まれたことでもないけれど、
自分が最もやるべきこと。
それが、「なされるべきこと」です。

 

「なされるべきこと」は誰かに教わることのできないもので、
考え抜いてはじめて見つけられるものです。
それは「知識」によってではなく
「責任感」によって見つけ出せるものです。
「なされるべきこと」を自分で見出せる能力。
これが、経営人材に必要な能力です。
では、その能力を身に付けるためには、
どうすればいいのでしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

 

正解は頭のよさやひらめきによって得られるものではない。
正解が得られるのは正しい問いによってである。
その正しい問いを得るのは、企業とは何か、
われわれの事業は何かを知るための
営々たる努力によってのみである。
ピーター・ドラッカー

 

営々たる努力とは、一生懸命ということです。
経営に正解はありません。
ここでドラッカーが言っている「正解」とは、
事業を繁栄させる適切な意思決定のことです。
適切な意思決定は、単なる思いつきで導き出せるものではありません。
天才的なひらめきで一時的に成功することはあっても、
継続的に事業を成長させていくことはできません。
われわれの事業は何かを問い続けていきたいものです。

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.