ホーム  > 5つの質問  > 第4の質問 われわれの成果は何か

ドラッカー5つの質問

未来を築いていくことを可能にするはずである。ピーター・ドラッカー


第4の質問 われわれの成果は何か

ドラッカー5つの質問

組織の成果はつねに外部に存在する。
企業の成果は顧客の満足であり、病院のそれは患者の治癒であり、
学校のそれは生徒が何かを学び10年後にそれを使うことである。
組織の内部にはコストが発生するにすぎない。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

お客様で起こる良い変化は何か

 

われわれの成果は何かは、特に組織の放送性を見失った時、問いただしてください。
人事部門と取り組んでください。 

 

何を成果とするか決めましょう

真面目にやっていればそれでいい。そんな仕事は一つとしてこの世にありません。
ありとあらゆる仕事が、成果をあげるために存在しています。
成果とは組織の外にあります。成果は「お客様に起こる良い変化」です。
飲食店であれば、お客さまがおいしかったーと言って帰ってくれることです。
病院であれば、患者さんが元気になってくれることです。

 

決めること

成果は必ず測定しなければなりません。
なぜなら、お客様に起こる良い変化を知らずして、
どれくらいお客様のお役にたっているかがわからなくなってしまうからです。
あげるべき成果を明らかにしてください。

あげるべき成果が明らかになって成果を測る方法が決まれば、
次はどのように進めていくのかを決めることです。
それが、「質問5 われわれの計画は何か」、です。

  • 現在、われわれは成果をどのように定義しているか?
  • 今後どのような変革が求められるか
  • 今後、成果をどのように定義すべきか?
    (一部紹介) 

 

よくある質問「われわれの成果は何か」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.