ホーム  > 5つの質問  > 経営は、働く人に敬意を

5つの質問

最も重要な5つの質問とは、5つの質問からなる経営ツールである。 ピーター・ドラッカー


経営は、働く人に敬意を

マネジメントの役割0002.jpg

第二は、それぞれの組織にかかわりを持つ人たちが
生き生きと生産的に働けるようにすることである。
社会的な存在としての人間は、自らの能力を存分に発揮し、
自己実現し、社会に貢献することを求める。
ピーター・ドラッカー

自分を発揮できる場を提供する

 

5つの質問は、働く人の士気が衰える前に問いただしてください。
御社で働く喜びを明らかにしてください。

 

2種類のお客様

忘れてはいけない大切なお客様がいます。それは、社員さんです。
社員さんはその事業の目的に共感し、その事業を成功させる、大事な、大事な協力者です。
どんなに優れた人であっても、一人でできることはおのずと限界があります。
協力者がいるからこそ、事業を事業として進めていくことができ、
事業は喜んでもらえる人を増やしていくことができるのです。
仮に、社員さんが事業の目的に共感もせず、仕事に価値を感じていなければ、
事業は価値あるものになりません。
そこに社員さんの共感がない限り、自発性も創意工夫も生まれず、優れた仕事にはなりません。

会社には、二種類のお客様がいることがおわかり頂けたと思います。
一人は、会社の外にいて商品やサービスを使ってくれる人です。
もう一人は、会社の中にて会社の仕事をしてくれる人です。
会社は、2種類のお客様がいなければ成り立ちません。

 

3つのイエス

ドラッカー教授は大学での講義中にこう言われました。
ある3つの問いに、社員がイエスと答える会社はいい会社です。
しかし、イエスが得られない場合、会社にとって深刻な問題が起こります。
その授業を聞いていた学生が、やがて会社の経営者になりました。
彼はその3つのことを従業員に聞いたら

すべてイエスと答えてもらえるような経営を進めていったそうです。
その会社はみるみる成長していきました。
従業員満足と顧客満足はセットなのです。
その3つの問いは次の通りです。ぜひ、御社内でも試してみてください。

  1. あなたは、会社で敬意を払われていますか?
  2. あなたが、勉強しようと思ったとき、会社は応援してくれますか?
  3. あなたが、貢献していることを会社は、知っていますか?

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,800円(税別)

『ビジョナリ―・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。
この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

 

よくある質問「ドラッカー5つの質問とは?」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
 

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.