ホーム  > 経営者の仕事  > 優れたワンマン経営はない

ドラッカーが言う ”経営者の仕事”

トップマネジメントチームを構築しておかなければならない。ピーター・ドラッカー


優れたワンマン経営はない

使命.jpg

トップマネジメントの仕事は、その範囲、
必要とされているスキルと気質、仕事の種類において、
一個人の能力を超える。経営書や組織論が何と言おうとも
優れた経営を行っている企業にワンマンはいない。
それらの企業は CEOのチームをもつ。
ピーター・ドラッカー

不要な失敗は避けたい

 

成果は組織を通じて生まれる

創業時は、創業者の剛腕で事業を推し進め、
営業力で事業を軌道に乗せることです。
しかし、商品やサービスも複雑になり、仕事の種類も増え、
人も増えてくると、社長の剛腕だけではどうにもならなくなってきます。
好むと好まざるに関わらず、マネジメントが必要になってきます。

ドラッカーはこう言っています。
多様な仕事が 、協力して 、意志を疎通させつつ
同時に遂行される必要が出てきたとき 、
組織はマネジメントを必要とする 。

そうは言っても、優れた人材を採用することは難しく、
人材を育てていくことはけっして簡単なことではありません。
気が付けば、自分一人で事業を仕切っている状態になってしまいます。
成果は組織を通じて生まれます。
どんなに優秀な人がいても、人間の組織化は必要であり、
マネジメントが必要です。

 

組織を機能させるもの

命令で人を動かすのがボスで、
理念で人を活かすのがリーダーです。
人の強みを成果に変えるのがマネジメントです。
マネジメントは「組織を機能させるもの 」であって、
「組織を型にはめ込むもの」ではありません。

事実、「仕事を行う組織 」から「マネジメントを行う組織 」に
変えている会社は、例外なく発展しています。

 

失敗を重ね、停滞し、坂を下る

マネジメントから目を背け、
社長一人で仕切り続けているとどうなるのでしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

製品が優れ、従業員が有能かつ献身的であっても、
またボスが権力と魅力を兼ね備えていても、
組織はマネジメントチームという骨格を
持つように変身しない限り、
失敗を重ね、停滞し、坂を下る。

マネジメントがなければ行商時代に戻ってしまいます。
成功の種となる価値ある失敗は良いとして、
不要な失敗は避けたいものです。停滞することなく、
坂を下ることがないようにするために、
その具体的な対策について、
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
でお伝えしています。

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 総合法令出版 1,400円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

よくある質問「経営者の仕事」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.