ホーム  > 経営者の仕事  > 成功している経営者

経営者の仕事

トップマネジメントはチームによる仕事である。


成功している経営者

トップマネジメントの仕事は一個人の能力を超える。
経営書や組織論が何といおうとも、
優れた経営を行っている企業にワンマンはいない。
それらの企業はCEOのチームをもつ。
ピーター・ドラッカー

事業の成長と組織の成長に欠かせないもの

 

アップル

アップルの創業者の一人であったスティーブ・ジョブズは一見、強力なワンマン経営者に見えます。
しかし、晩年のジョブズが担っていた仕事は、新しい商品を生み出すこととその新作商品の発表だけでした。
その他の仕事は当時ナンバー2であったティム・クックが担っていました。
経営がチームで進められていたのです。

 

マイクロソフト

マイクロソフトのビル・ゲイツは、技術面と対外活動だけを担当していました。経営全般を見ていたのは、
マイクロソフトに入社した人目の従業員で後に社長になったスティーブ・バルマーでした。
バルマーは、技術者であるビル・ゲイツにとっての経営アドバイザーという役割を果たし、
マイクロソフトを大企業に仕立て上げた立役者です。

 

スターバックス

スターバックスも創業当初から経営をチームで進めています。
「起業家の発想で組織運営はできない」という考えをCEOのハワード・シュルツに叩き込んだのは、
経営チームのメンバー、オーリン・スミスです。
起業と経営はまったく違います。「起業とは事業を起こすこと」で、「経営は組織を運営すること」です。
組織を運営するためには、大きな仕事を小さな業務に細分し、業務の手順を考え、方法を勘案し、
組織をつくり、細々としたルールを決めていかなければなりません。
それらの仕事は、起業家タイプの人間にとって、退屈な仕事でしかありません。
「起業家の自分は組織運営を確立する知識はない。組織運営のスキルもない。
組織運営を学ぶ気もない」。そう自覚していたCEOのシュルツは、
経営チームのメンバーであるスミスに組織運営のすべてを任せて、
スターバックスを成長させていきました。

 

セコム

セコムは、飯田亮氏と戸田壽一氏による経営チームによって経営を進めていました。
創業期は飯田氏と戸田氏ともに靴底を減らしながら飛び込み営業に奔走しました。
飯田氏は会社の顔で戸田氏は黒子というだけで、ソニーの井深氏と盛田氏、
ホンダの本田氏と藤沢氏のように明確に役割分担していたわけではなく、
その時々の状況に応じて、役割を決めて経営を進めていきました。

 

ファーストリテイリング

ファーストリテイリングの柳井正氏も「社長がどんなに張り切っても一人でできることはたかが知れている。
経営はチームでやるものだ」と言い、経営をチームで進めています。

 

たとえ、今は停滞している企業であっても、成長した時期は必ず経営をチームで進めています。
おわかりいただけたとおり、昔の話、最近の話ということではなく、
また、海外企業の話、日本企業の話ということでもなく、
成功している経営者は、経営をチームで進めてきているのです。

 

 

経営は一人ではなく、チームによる仕事です

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 総合法令出版 1,400円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

よくある質問「経営者の仕事」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
 

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.