ホーム  > 経営者の仕事  > 経営者が取り組むべき仕事

ドラッカーが教える経営者の仕事

後継の経営チームをつくりたい社長様へ


経営者が取り組むべき仕事

アップル本社.jpg

アップル本社行ってきました

米国アップル本社 写真撮影:山下淳一郎


チームによってのみ成し得ることができる

外側から見ると、「どう見てもワンマン経営だ」と思える会社もあります。
アップルの創業者の一人であったスティーブ・ジョブズは一見、強力なワンマン経営者に見えます。
しかし、晩年のジョブズが担っていた仕事は、「新商品の開発」と「新商品の発表」だけでした。
その他の仕事は当時ナンバー2であったティム・クックが担っていました。
経営をチームで進めていたのです。

スティーブ・ジョブズがこう言ったのは有名です、
「私のビジネスモデルは、ビートルズだ。4人でお互いの弱点を補い合っていた。
4人以上の力を発揮できていた。ビジネスというのはそういうものだ。
偉大なことは、ひとりではできない。チームによってのみ成し得ることができる。」

 

トップの仕事は

アップルは、ジョブズとウォズニアックによって設立されました。
エンジニアであるウォズニアックがジョブズに言った言葉は有名です。

ウォズニアックは「キミはコードも書けなければ、デザインもできない。
エンジニアでもなければ、金槌で釘を打つわけでもない。
じゃあ、どうやって倍も生産性をあげるつもりだい?キミの役割ってなんなんだ?」。

ジョブズは「僕にできることはただ一つ。オーケストラを束ねることさ。」と言いました。
ドラッカーはこう言っています。

 

今後のトップの仕事は、私が知りうるかぎりもっとも複雑な仕事、
すなわちオペラの総監督の仕事に似たものとなる。スターがいる。命令はできない。
共演の歌手が大勢いて、オーケストラがいる。裏方がいる。そして聴衆がいる。
すべて異質の人たちである。しかし総監督には楽譜がある。みなが同じ楽譜をもっている。
その楽譜を使い、最高の結果を出す。トップが取り組むべき仕事がこれである。
ピーター・ドラッカー

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

 

経営チームをつくりたいとお考えの社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

いかなる組織といえども、その業績はトップマネジメントにかかっている。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには、経営チームが不可欠です。
さらなる発展のために、経営チームをつくりましょう。

ドラッカーの経営チームコンサルティング」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.