ナビゲーションをスキップする

ドラッカーを活用するためのコンサルティング
トップマネジメント株式会社 代表取締役山下淳一郎

  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

ホーム  > 会社概要  > 代表ごあいさつ

トップマネジメントの会社概要

トップマネジメントとは一人ではなくチームによる仕事である。
経営の父


代表ごあいさつ

山下淳一郎_Web140.jpg
クリックしていただき、ありがとうございます。


座右の銘。『ミッションをもつことは、激動の世の中はますます重要となる。世界がどう変わろうとも、人は、誇りあるものの一員たることを必要とする。人生と仕事に意味を必要とする。絆と信条の共有を必要とする。』

>プロフィールはこちら

何のために生きるのか。何のための仕事なのか。
人生と仕事に意味が必要。人とのつながりが必要。

 

ある日、私は「何のために仕事をしているのか」といった疑問にぶつかりました。

その仕事の壁はそのまま人生の壁となりました。

そのとき、「人は仕事を通して人生を生きている」ということに気づかされました。

そのような経験から、わたしは、

「組織は、誇りある目的をもって人が価値ある仕事に取り組める場でなくてはならない」

ということと、「仕事は、働く人の人生に意味を加えられるものでなくてはならない」

と考えるようになりました。同時に、自分の考えは絵空ごとであり、

厳しい現実に背を向けた小我の論理に過ぎないのだろうか。

そんな想いが頭の中を巡り続けました。

 

ドラッカー先生は、次のように言われています。

「ミッションをもつことは、激動の世の中はますます重要となる。

世界がどう変わろうとも、人は、誇りあるものの一員たることを必要とする。

人生と仕事に意味を必要とする。絆と信条の共有を必要とする」

 

その言葉は、人が価値ある人生を生きるために、組織はどうあるべきか、社会はどうあるべきか、

といったことを示唆してくれています。わたしは、ドラッカー先生の言葉に救われました。

以来、わたしは、「誇りある目的をもって組織運営されている社会をつくりたい」、

そう考えるようになりました。

社会は、さまざまな組織の集合体であり、その最小単位は、「人」です。

ゆえに、働く意味と生きる意味を問い続けることによって、

新しい日本の社会を創っていくことができると信じています。

 

ドラッカー20130502a.jpg

経営のあらゆる手法は、ピーター・ドラッカー教授にたどり着きます。

わたしたちは、自身の経営経験と専門知識のみに頼ることなく、

ピーター・ドラッカー教授が示されたマネジメントを一切の判断基準として、

将来にわたって繁栄し続けるための経営基盤をつくる支援をしております。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント



2013 (c) Top management All Rights Reserved.