ホーム  > 会社概要  > 著書 ドラッカー5つの質問

トップマネジメント株式会社

私たちは、ドラッカー専門の経営チームコンサルティング会社です。


著書 ドラッカー5つの質問

ドラッカー5つの質問山下淳一.jpg

まえがき

 

会社を永続的に成長させていくためにどうすればいいのかー。
成功とは挑戦の結果であって、幸運の結果ではありません。
成功を収めている企業とそうでない企業の違いはどこにあるのでしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

 

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって成功がもたらされている。
ピーター・ドラッカー

 

「われわれの事業は何か」を問うとは、わが社の事業はどうあるべきかを
徹底的に考え抜き、わが社のあるべき姿を明らかにする、ということです。
経営者のそんな仕事の助けとなってくれるのが、ドラッカー5つの質問です。

 

それは、経営者は、何を考えればいいのか、何を決めればいいのか、
何を行なえばいいのか、ということが問いかけの形で
まとめられているものです。
その中身は次のとおりです。

 

第1の質問 われわれのミッションは何か

第2の質問 われわれの顧客は誰か

第3の質問 顧客にとっての価値は何か

第4の質問 われわれの成果は何か

第5の質問 われわれの計画は何か

 

5つの質問一つひとつの中に、さらに細かい質問がたくさんあります。
それらの問いに対する答えをつくり出していくことによって、
結果として、優れた経営を行うに至ります。

 

ドラッカー5つの質問は主語がすべて「われわれ」です。
主語が「われわれ」であるということは、社長一人で考え込むものではなく、
経営チームのメンバーと共に取り組むことを意味しています。
さらに、答えを共有する前に問いを共有しなければなりません。

 

そして、同じに問いに対して全員が同じ答えが出てくる状態にならなければなりません。
経営チームが一枚岩にならずして会社のさらなる成長はあり得ないからです。
経営者の仕事は、今日の仕事をこなす事ではなく、今日と違う未来をつくることです。
ドラッカーはこう言っています。

 

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。
信念を必要とする。その場しのぎの仕事に
身をまかせていたのでは未来はつくれない。
ピーター・ドラッカー

 

ドラッカー5つの質問は思想ではありません。行動を決定するものです。
本書は、概念論の解説ではなく、何を決めなければならないかに重点を置いています。
本書は、会社の運命を変える本です。

 

「一人で学ぶこと」と「チーム取り組むこと」はまったく違います。
ドラッカー5つの質問は経営チームで取り組んでこそ意味があります。
経営チームでドラッカー5つの質問を取り組み、
御社がさらに繁栄してくださることが本書の願いです。

 

もくじ

 


【序章】 われわれの事業は何か
  • 事業の危機は必ず来る
  • 平行線をたどる議論
  • 反対方向に進む努力
  • 考えの違いが明るみになる
  • 共通の考えをつくる
  • 部下の声に耳を傾ける
  • 必要なのは会議より話し合い
  • ミッションからスタートする 

【第1の質問】 われわれのミッションは何か
  • 経営営理念、ミッション、ビジョンはこう違う
  • 経営理念はわが社の社会に対する考え
  • 経営理念を問いただす
  • ミッションは働く人の意欲を生み出す
  • ミッションを問いただす
  • ミッション3つの条件
  • ミッションは問い続けていくもの
  • ビジョンがなければ事業とはなりえない
  • ミッションもビジョンも勝手に浸透しない

【第2の質問】 われわれの顧客は誰か
  • 顧客から出発点する
  • 誰を幸せにする事業なのか
  • 心から喜んでもらいたい人
  • 複数の顧客
  • 現実の顧客は誰か
  • 潜在的な顧客は誰か
  • 顧客はどこにいるのか
  • 顧客はいかに買うか
  • 顧客はいかに到達するか
  • やめた方がいい顧客はいるか

【第3の質問】 顧客にとっての価値は何か
  • 顧顧客は自分の価値を買っている
  • 顧客が買っているものは何か
  • 9つの問い
  • 外に出て、見て、聞く
  • 顧客の行動を見る
  • 顧客の声を聞く

【第4の質問】 われわれの成果は何か
  • 成果はミッションに対する貢献度合い
  • どれくらい成果が出ているかを測る
  • ビフォーアフターを明らかにする 


【第5の質問】 われわれの計画は何か
  • 現場は教科書どおりに動かない
  • 組織のエネルギー
  • 社長が思い描く夢や目標
  • 心から達成したい目標
  • 決定を実りあるものにする方法
  • 経営計画8つの分野における目標
  • 事業を成長させるための取り組み
  • 理解できない苦境に立たされる
  • 社長、それはPDCAではありません!
  • マネジメント上の6つのルール 

トップマネジメントの5つの質問

 

われわれの使命は

(わが社が社会に貢献できる具体的なこと)

一枚岩の経営チームをつくること

 

 

われわれの顧客は

(わが社が対象とするお客様)

事業の成長がトップ一人でマネジメントできる
限界を超えた企業様

 

 

顧客の価値は

(わが社が対象とするお客様が望んでいること)

経営人材を育て、
一枚岩の経営チームをつくりたい

 

 

われわれの成果は

(わが社が事業として関わることでお客様に起こる良い変化)

経営チーム一人ひとりが担当分野の責任者として
成果をあげていること

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問
著 者 :山下 淳一郎
出版社 :あさ出版 1,300円(税別)

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

 

過去の行った『 ドラッカー5つの質問』講座

 

 

ありがとうございます。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.