ホーム  > 経営人材の育成  > 取締役に不満をもつ社長、必見

ドラッカーが提唱する ”経営人材の育成”

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


取締役に不満をもつ社長、必見

成長の意欲にあふれた企業が
ワンマンでマネジメントできる規模を超えたときに
トップが行うべきことがlトップマネジメントチームの編成である。
彼自身がボスからマネジメントに脱皮する。
ピーター・ドラッカー

担う役割は「担当部門」ではなく「担当分野」

 

取締役もどうしていいかわからない

取締役に昇格したのに、取締役としての仕事をせず、これまでと同じ仕事をしている。
そんな取締役に不満をもつ社長は少なくなりません。
取締役に昇格した人は、一つの部門で際立った成果を出してきた人です。
それなのに取締役に昇格した途端、取締役としての仕事すらしない人になってしまいます。
取締役としての意識が低いからでしょうか?。違います。
取締役に昇格した本人も実は「どうしていいかわからない」のです。

 

取締役の仕事は

取締役の仕事は「一つの部門の成果をあげること」ではなく、「会社全体の成果をあげること」です。
取締役が取締役としての仕事に当たらない状況を許し続けてしまえば、
会社の力は確実に弱まり、業績を上げる力を失っていきます。
新任の取締役には、取締役としての具体的な責任、
取締役としての具体的な仕事を持ってもらわなければなりません。否、与えなければなりません。
取締役が取締役として具体的な仕事を持てば、
これまでと同じような仕事はしていられないはずです。

 

取締役は担当分野をもつ

そのうえで、取締役の仕事は、
「会社全体の成果に向けられた自分の仕事は何かを考え抜くこと」です。
それは、「会社全体の成果をあげるために
自分はどんな成果を成果をあげるべきか」を考え抜く、ということです。
もちろん、考えて終わりではありません。考え抜いた結果、「担当分野を持つこと」です。

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

よくある質問「経営人材の育成」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.