ホーム  > 経営チームの課題  > これが、経営チームの姿

ドラッカーが言う ”経営チームの課題”

トップマネジメントはチームによる仕事である。ピーター・ドラッカー


これが、経営チームの姿

日本に来たドラッカー140.jpg

ごくごく小さな事業を除くあらゆる事業で、
CEOの仕事は、一人の仕事として組み立てることは不可能である。
それは、共同して行動する数人からなる
チームの仕事として組み立てる必要がある
ピーター・ドラッカー

新しい課題を追いかけ発展している

 

成功を継続している企業には

急成長した企業でいえば、グーグルは、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン。
楽天は、三木谷浩史氏と本城慎之介氏。サイバーエージェントは、藤田 晋氏、日高祐介氏。
グリーは、田中良和氏、山岸広太郎氏、藤本真樹氏。DeNAは、南場智子氏、川田尚吾氏、渡辺雅之氏。
カヤックは、柳澤大輔氏、貝畑政徳氏、久場智喜氏。
成長した企業には必ず経営チームがある。

 

経営チームの姿

経営チームの姿を具体的に例えるなら、政府の「内閣」のようなものだ。
「内閣」は、総理大臣というリーダーがいて、各分野の責任者である大臣が
その分野の責任を担っている。ここでいう総理が社長にあたり、大臣が役員にあたる。

一方、CEOのほか、CFO(財務責任者)、CMO(マーケティング責任者)、CSO(戦略責任者)、
COO(執行責任者)、CHO(人事責任者)、CIO(情報責任者)、という役職を持つ役員がいるから
経営チームがある、と考える人もいるかもしれないが、けっして、そうではない。

重要なことは、「役者が揃っていること」ではなく、「チームとして機能しているかどうか」である。
経営チームは、組織上の上下関係はありながらも、お互い自分の考えを言い合える間柄である。
それが、チームワークになくてはならないものだ。
チームワークがなければ、不可能な仕事は不可能なままで終わる。
チームワークが不可能な仕事を可能にする。

 

チームとして機能している会社は

現実、経営チームがチームとして機能していない会社は、
無数の会議が開催されるだけで何も決まらず、いつも同じ問題に追われて停滞している。
それに対して、経営チームがチームとして機能している会社は、数々の議案が次々に決定され、
常に新しい課題を追いかけ発展している。

 

 

経営はチームとして機能してこそ会社の力が発揮されます

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,800円(税別)

『ビジョナリ―・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。
この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

 

よくある質問「経営チームについて」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.