ホーム  > 経営チームの課題  > 経営チームは批判し合わない

ドラッカーが教える経営チームの課題

トップマネジメントはチームによる仕事である。ピーター・ドラッカー


経営チームは批判し合わない

経営チームトップマネジメント株式会社07.jpg

"役員の考えの違い"にお悩みの社長様へ

>『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』amazon

 

アクションポイント
最近、誰を批判しましたか。周囲からあなたはどう見られていますか?

 

 

悪意がなくても悪事になる

社長のあの決定は実は自分は反対だと副社長が言ったり、
副社長のあの企画は実は自分は賛成できないと専務がが言ったり
専務は判断は営業部のことしか考えてくれていないと社長が言ったり、
経営会議で決まったことに対して自分は反対だと誰かが誰かに言ったり、
専務の考えは正しいと思えないと誰かに言ったり、
会社の経営層はいつも批判し合っている…。

 

このようなことをしばしば耳にします。
それぞれにまったく悪意がないのは言うまでもありません。

 

 

攻撃し合ってはならない
経営チーム906.jpg

仕事をしている以上、多少の不満はあるものです。
だからといって、このような状態では会社は成果をあげる力を失い、
組織は衰退してしまいます。
トップマネジメントチームのメンバー同士が、
相反している姿が露呈されれば、
社員さんは会社に対して不信を抱いてしまいます。

 


こうして、組織が本来持つ力は発揮されなくなります。
では成果をあげる力を高め、
事業を伸ばしていくためにどうすればいいのでしょうか?
ドラッカーはこう言っています。

 

第三に、トップマネジメントチームのメンバーは、
仲良くする必要はない。尊敬し合う必要もない。
ただし攻撃し合ってはならない。
会議室の外で互いのことをとやかくいったり、批判したり、
けなしたりしてはならない。ほめ合うことさえしない方がよい。
ピーター・ドラッカー

 

>続く(経営チームの課題 - 経営チームにはリーダーが要る

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方|山下 淳一郎

チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

経営チームを強化したい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

いかなる組織といえども、その業績はトップマネジメントにかかっている。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには、経営チームが不可欠です。
さらなる発展のために、経営チームをつくりましょう。

ドラッカーの経営チームプログラム」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.